ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

アオリイカの産卵床 設置

4/15(日) 18:28配信

関西テレビ

関西テレビ

和歌山県串本町では、アオリイカの産卵シーズンに合わせて、ダイバーたちが海の中に産卵場所を作りました。

船一杯に葉が茂った木を積み込んで、潮岬沖合のダイビングスポットに向かうダイバーたち。

これは、アオリイカが産卵のため沿岸に近づく季節を前に、卵を産み付ける場所を海の中に設置する作業です。

ダイバー18人が手分けして、長さ2メートルほどの広葉樹の枝を水深10~18メートルの海底の土のうに固定していきました。

アオリイカは、5月から6月にかけて産卵し、ダイバーはすぐ近くで観察することができるということです。

関西テレビ

最終更新:4/15(日) 18:28
関西テレビ