ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本最小の胎内・櫛形山脈、29日に山開き登山

4/16(月) 7:55配信

産経新聞

 「日本で一番小さい山脈」として胎内市がPRしている櫛形山脈で29日、山開き登山が行われる。初心者でもハイキング気分で楽しめるという。

 白鳥公園までの縦走(所要約7時間)▽大峰山桜公園などを巡る大峰山(約5時間)▽飯角口(約4時間)-の3コース。当日の午前7時20分から市役所正面で参加を受け付ける。無料シャトルバスで関沢森林公園に移動し、8時から登山を始める。

 南北13・5キロにわたる同山脈の最高峰は標高568メートルの櫛形山で、平均標高は300メートルに満たない。問い合わせは市商工観光課(電)0254・43・6111。

最終更新:4/16(月) 7:55
産経新聞