ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

自慢の箸袋、熱海で展示 全国の収集家集合

4/16(月) 8:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 飲食店などで提供される箸袋のコレクターでつくる「箸袋趣味の会」は15日、熱海市のホテルで第54回全国大会を開いた。岩手県から大阪府まで全国の会員約40人が参加し、親睦を深めた。

 各会員が国内外で収集した箸袋を魚、富士山、日の丸といった絵柄をはじめ、形や色、新旧など多彩な切り口でまとめて展示した。落語家の桂歌助さんの講演、会員が集めたさまざまなコレクションの交換会などもあった。

 近藤敏彦会長(85)=愛知県東浦町=は「年に一度集まり、全国の友人たちと交流するのは楽しい」と話した。

 同会は1964年の設立で、会員は現在約60人。全国に3支部を置き、例会や会報発行などに取り組んでいる。

静岡新聞社