ここから本文です

野外無料ジャズ・イベント〈JAZZ AUDITORIA 2018 in WATERRAS〉プログラム発表

4/16(月) 14:28配信

CDジャーナル

 今年で6回目を迎える野外無料ジャズ・イベント〈JAZZ AUDITORIA 2018 in WATERRAS〉が、ゴールデンウィークの4月27日(金)から30日(月・祝)までの4日間、東京・神田淡路町の複合施設 WATERRAS(ワテラス)にて開催されます。特設サイトで全日程のプログラムが発表されています。

 今年はWATERRASの5周年を記念して、例年の3日間から1日増えた4日間に亘って国内外のアーティストがパフォーマンスを展開。イベントの初日となる27日(金)は〈introducing INTERNATIONAL JAZZ DAY〉と題して、オープニング・セレモニーに続き、寺井尚子カルテット、村上“ポンタ”秀一 プレゼンツ“THE TRIO”feat. 山下洋輔&坂井紅介という日本のジャズ界を代表するアーティストが登場。28日(土)の〈celebrate 5th Anniversary of WATERRAS〉には、大槻“KALTA”英宣 VERTICAL ENGINE NEXT、山中千尋トリオ“モンク・スタディーズ”という現在のジャズ・シーンを牽引する2組が出演。3日目の29日(日)は〈supported by POINT GREEN〉 と題し、新感覚サウンドで話題のピアノ・トリオ、fox capture plan、世界最高峰ジャズ・ハープ奏者と称されるエドマール・カスタネーダ、そして毎年恒例の出演となるブルーノート東京オールスター・ジャズ・オーケストラ directed by エリック・ミヤシロが登場。最終日30日(月・祝)の〈celebrate INTERNATIONAL JAZZ DAY〉には、明治大学BIG SOUNDS SOCIETY ORCHESTRAのほか、“エンタテインメント・ファンク・マシーン”ことモミーFUNK!、NYをベースに世界的活躍を見せる“サムライ・トランペッター”黒田卓也の演奏が行なわれます。

 さらに30日にはWATERRAS内Cafe104.5にて入場無料のアフター・パーティが開催されます。曽根麻央 with 山本 連DUOの演奏と、音楽評論家・柳樂光隆のDJで締めくくります。

 また4月29日と30日の両日は、ワテラス広場でのフリー・ライヴ終演後、ワテラスモールの飲食各店にて、Calmera Horns with 永田こーせー(29日)、石川周之介ホーンズ“Shuberts”(30日)によるミニ・ライヴも開催。食事とともに楽しめます。

最終更新:4/16(月) 14:28
CDジャーナル