ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「カップ梅酒」装い爽やかに パッケージ一新

4/16(月) 7:55配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 福井県若狭町鳥浜の農業生産法人「エコファームみかた」は、主要商品の「実入りカップ梅酒」のパッケージをリニューアルした。黄緑色のウメの花模様をカップにあしらい、爽やかなイメージを意識した。

 これまでのパッケージは、ウメの花がデザインされたピンク色の越前和紙をふたにかぶせる春らしいデザイン。季節にかかわらず梅酒を楽しんでもらおうと、デザインを変更した。

 入っているウメの実も2粒から、大きめの1粒に変更。ただ、味わいや量は変わらず梅酒150ミリリットル、ウメの実30ミリリットル。

 同社営業部の藤本佳志さん(39)は「行楽やバーベキュー、ハイキングで、デザイン一新したカップ梅酒を楽しんでほしい」と話している。

 税込み410円。県内の主な道の駅や嶺南のお土産店などで販売している。問い合わせは同社=電話0770(45)3100。