ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

トロロッソのフランツ・トスト代表「求めていたようなペースを発揮できなかった」/F1中国GP

4/16(月) 6:50配信

motorsport.com 日本版

 トロロッソ・ホンダは、中国GPを18位と20位で終えた。好成績に終わったバーレーンGPとは、真逆の結果だったと言えよう。

【動画】F1第3戦中国GP決勝ハイライト

 チーム代表のフランツ・トストは、チームのプレスリリースに次のようにコメントを寄せた。

「まず、この素晴らしい勝利を挙げたレッドブル・レーシングにお祝いを申し上げる。戦略面から言えば素晴らしい決断だったし、ダニエル・リカルドはそれを掴んだ。彼はレースに勝つべく、すべてをコントロール下に置いていたんだ」

 そう姉妹チームであるレッドブルを讃えるトスト。しかしトロロッソには、すべてがうまくいかなかった。

「残念ながら、トロロッソにとってはうまくいかなかった。今週末、我々は非常に早い段階から苦労することになった。スターティンググリッドは最後尾に近く、レースでは我々が求めていたようなペースを発揮することができなかった」

「それに加え、コミュニケーションの誤解のために、我々のふたりのドライバー同士が衝突してしまった。それは実に残念なことだ」

「レース終盤、ブレンドンのマシンのギヤボックスに問題が見つかった。彼はリタイアするしかなかったのだ」

「うまくいけば、我々は今回の悪いパフォーマンスの理由を見つけることができ、バクーにはより競争力を持って臨めるだろう」