ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

欅坂46平手友梨奈、実写『響』で映画初主演!15歳・天才小説家の「生き様を届けたい」

4/16(月) 5:00配信

シネマトゥデイ

 アイドルグループ欅坂46の平手友梨奈(16)が、2017年のマンガ大賞1位に輝いた、柳本光晴の人気マンガ「響~小説家になる方法~」を実写映画化する『響 -HIBIKI-』のヒロイン役に決定した。北川景子、アヤカ・ウィルソンらを共演者に、映画初出演にして初主演の大役を任され、4月下旬からの撮影に臨む。

欅坂では不動のセンターとして活躍

 平手が演じるのは、15歳の天才女子高生小説家・鮎喰響(あくい・ひびき)。本作は、圧倒的な才能を持ち、世間の常識や建前よりも自分の信じる生き方を貫く響が、ごまかしの中で生きる周囲の人々の価値観を変えていくさまを描く。

 「このオファーを頂いたときに、最初はどうしようかすごく悩みました」という平手だが、周囲と衝突しても絶対に"曲げない"性格の響に何かを感じたのか、「でも、原作を読んで、この物語の主人公、鮎喰響という女の子にひかれてしまったのと、彼女の生き様を届けたいなと思ったので、やってみようと思いました」と心境を告白。「それでも初めてのことばかりで、不安もあるし、役を演じるけれど、演じている人間は平手友梨奈なので、もしかしたらいろんな人を困らせてしまったり、迷惑をかけてしまったりするかもしれないけれど、鮎喰響という女の子が大好きで、この子のことを伝えて、観てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいなと思っています」と語っている。

 一方の北川が演じるのは、響の才能を世に広めようと奮闘する若手女性編集者・花井ふみ。平手との共演について、「常識を覆すほどの圧倒的な才能とオーラ、そして何者にも囚われない天才的な、無軌道なキャラクターの響を平手さんが演じると聞き、ぴったりだと感じました。アイドルとしての絶対的な存在感が響と共通すると思います。一緒にお芝居するのがとても楽しみです」と役そのままの思いで撮影に臨む。

 また、『パコと魔法の絵本』(2008)で天才子役として注目され、本作では小説家を志す文芸部の部長・祖父江凛夏(そぶえ・りか)を演じるアヤカは、「平手さんが演じる響ちゃんは見応えたっぷりだと思います。平手さんにはまだ数回しかお会いしてないのですが、本当に可愛くて早く仲良くなりたいです!」とコメント。そのほか、高嶋政伸、柳楽優弥、野間口徹、小松和重、黒田大輔、板垣瑞生ら実力派が脇を固める。

1/2ページ

最終更新:4/16(月) 5:00
シネマトゥデイ