ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

サトノワルキューレの重賞初制覇なるか/フローラSの見どころ

4/16(月) 10:00配信

netkeiba.com

 今年から上位2頭にのみオークスの優先出走権が与えられることになったフローラS。樫の舞台に名乗りを上げるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

■4/22(日) フローラS(3歳・牝・GII・東京芝2000m)

 サトノワルキューレ(牝3、栗東、角居勝彦厩舎)は芝2400mのゆきやなぎ賞をV。長くいい脚を使って牡馬を差し切っており、初の東京コースでも存分に力を発揮してくれそう。いかにもオークス向きのタイプだけに、勝って本番に駒を進めてほしいところだ。

 サラキア(牝3、栗東、池添学厩舎)はチューリップ賞で4着。デビュー2戦目でスタートでも大きく出遅れながら追い上げてきたこと、先着した相手が桜花賞でも2・3・5着に入ったことを考えると、素質の高さは相当なものと言っていい。登録時点では11/14の抽選になっているが、無事出走しての上位争いを期待したい。

 その他、フラワーCで3着のノームコア(牝3、美浦、萩原清厩舎)、ミモザ賞を勝ったレッドベルローズ(牝3、美浦、鹿戸雄一厩舎)、クイーンCで4着のオハナ(牝3、美浦、堀宣行厩舎)、君子蘭賞2着のセンテリュオ(牝3、栗東、高野友和厩舎)なども権利獲りを狙う。発走は15時45分。

最終更新:4/16(月) 10:44
netkeiba.com

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ