ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

福岡市の「天神コア」2020年3月めど閉店で交渉 “天神ビッグバン”本格化へ 福岡県

4/16(月) 11:50配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

福岡市の商業ビル天神コアが2020年3月めどの閉店でテナントと交渉を進めていることがわかりました。

福岡市中央区の天神コアは地下2階・地上8階建てで若者向けのファションブランド店や飲食店などおよそ120店が入っています。

ビルを所有する西鉄は1976年に開業した天神コアに加え、本社が入る福岡ビル、さらに天神ビブレを建て替え、一体的に再開発する前提で今年度から基本設計に入る方針を明らかにしていました。

これに合わせ、西鉄は福岡ビルは2019年3月末、天神コアは2020年3月末をめどに閉店することで既にテナント側と移転交渉を進めています。

福岡市の天神地区でビル30棟の建て替えを目指す再開発事業「天神ビッグバン」の動きが本格化することになりそうです。

テレビ西日本

最終更新:4/16(月) 11:50
TNCテレビ西日本