ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

さよなら"狸小路のシンボル" ドン・キホーテ札幌店閉店…4年後に新ビル 北海道

4/16(月) 12:14配信

北海道ニュースUHB

UHB 北海道文化放送

 札幌市狸小路エリアの再開発のため、ディスカウントストア、ドン・キホーテ札幌店が、4月16日朝早く閉店しました。

 店員:「閉店させて頂きます。ありがとうございました」

 16日午前5時に閉店したドン・キホーテ札幌店は、2002年にオープンし、市民や外国人観光客で賑わいました。

 客:「昔、よく待ち合わせで使ってたので、なくなるんだなって」「(閉店するのが)衝撃でした。24時間やってたので便利でした」

 山崎史香記者:「"狸小路のシンボル"ともいえるドンキホーテの明かりが消え、少しさみしい感じもしますが、このビルは建て替えられ、狸小路は生まれ変わります」

 札幌市の駅前通りと狸小路の交差点にあたるこのエリアには、地上28階、地下2階の商業施設が入る新しいビルが2022年夏に完成する予定です。

UHB 北海道文化放送