ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

「ナッツ姫」妹、法的対応に向け大手法律事務所の弁護士選任

4/16(月) 9:16配信

中央日報日本語版

パワハラ議論に包まれた大韓航空のチョ・ヒョンミン専務が今回の問題に対する法的対応に向け弁護士を選任したことが確認された。

チョ専務の弁護を担当する法務法人世宗(セジョン)のイム・サンヒョク弁護士は15日、メディアとのインタビューでチョ専務と今回の問題について相談し、この日の謝罪メール作成にも助言したと明らかにした。

これに先立ちチョ専務は同日午後9時5分、大韓航空社員宛てに「頭を下げて謝罪申し上げます」という題名の謝罪メールを送った。

メールでチョ専務は「業務に対する情熱に集中したため軽率な言動と行動を自制できなかった。これにより多くの方々に傷と失望を差し上げることになったとした。

その上でチョ専務は「法的な責任を全うし、いかなる社会的非難も甘受するようにしたい」と付け加えた。

イム弁護士はインタビューで「チョ専務が海外に行った時に問題が起き心の余裕がなかったが、きょう帰国してから事実関係を正確に把握し、法的な責任を負う部分があるならば回避しないという立場。すでに何回か謝罪したが、改めて心から謝りたいとしてメールを発送した」と伝えた。

イム弁護士はチョ専務が投げたコップがガラスコップなのか紙コップなのかの事実関係と、水の方向が広告代理店社員の顔に向いていたか床に向いていたかなどは「捜査中の事件なので話すのは適切でない」と具体的言及を避けた。