ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

静岡県内大雨、土砂崩れ 各地で被害、交通網乱れる

4/16(月) 7:40配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 南から暖かく湿った空気が低気圧に流れ込んだ影響で、県内では15日未明から朝にかけ、激しい雨が降った。富士市厚原で1時間雨量が41・5ミリとなるなど、計4地点で4月の観測史上最多を記録。県によると、人的被害は確認されていない。土砂崩れが数カ所で発生したほか、道路や鉄道などの交通網が乱れた。

 静岡地方気象台によると、14日午後2時の降り始めから15日午前6時までの総雨量は、森町三倉で133・5ミリ、浜松市春野で130・5ミリなど。県内の広いエリアで大雨警報が出された。

 静岡市清水区庵原町では15日午前6時半ごろ、民家の裏山が高さ約20メートル、幅約2メートルの範囲で崩れ、3世帯13人が一時避難した。島田市高熊でも土砂崩れが発生したが、いずれもけが人はいなかった。

 JR東海静岡支社によると、東海道新幹線が午前7時ごろから三島-静岡間で速度を落として運転。東海道線と御殿場線の一部区間も午前7~9時ごろまで運転を見合わせた。

 県によると、小山町の国道138号、川根本町の国道362号など11路線が全面通行止めとなった。海の便は駿河湾フェリー、神新汽船、東海汽船が全便欠航した。

静岡新聞社