ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日本市民スポーツ連盟公認 ウオーキングコース開設 長岡

4/16(月) 9:48配信

北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ

 新潟県内初となる日本市民スポーツ連盟公認のウオーキングコースが15日、長岡市黒坂のレジャー施設「いやしの郷」を発着点に開設された。同市の寺泊、和島の両地域の名所が楽しめる設定で、ウオーキングのさらなる普及を目指す。

 連盟の公認には、スタッフが常在する「ウオーキングステーション」や給水所の設置などが必要。施設の運営会社や県ウオーキング協会などが、半年ほど前から整備を進めてきた。

 大河津分水路周辺を巡る13キロと、良寛ゆかりの史跡などを訪ねる15キロの2コース。初日は時折雨が降る中、県内の愛好者ら約40人が歩き初めをした。

 新潟市西区の運動普及推進委員の男性(65)は「景色が良く、車通りなどを気にせず安心して歩ける」と話した。

 15キロは火曜を除く毎日、13キロは6月29日までは土日祝日だけ利用可能。いずれも午前9時~午後5時(受け付けは午後2時まで)。いやしの郷の入園料300円とコース利用料200円が必要。