ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【フィリピン】物流LBC、日本からの送金でJRFと提携

4/16(月) 11:30配信

NNA

 フィリピンの物流大手LBCエクスプレスは12日、送金事業を手掛けるジャパンレミットファイナンス(JRF、東京都港区)と提携したと発表した。日本国内のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からJRFを通じた送金を、LBCがフィリピン国内1,300カ所に置く拠点で現金化できるようになった。
 JRFは、ホセイン・サロワ社長が2011年9月に設立。アジア諸国をはじめ83カ国への送金事業を手掛けている。効率的な送金により、日本に住む外国人の支援を目指している。
 フィリピン中央銀行によると、今年のOFWの送金額は前年比3.6%増の291億米ドル(約3兆1,200億円)となる見込み。1月の実績は前年同月比9.6%増の約24億米ドルで、米国、アラブ首長国連邦(UAE)、サウジアラビア、シンガポール、英国、日本など10カ国からの送金が全体の8割以上を占めた。

最終更新:4/16(月) 11:30
NNA