ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

デパ地下では2玉で43万円 宮崎産完熟マンゴー「太陽のタマゴ」 今年も店頭に 福岡市

4/16(月) 18:40配信

TNCテレビ西日本

テレビ西日本

味はもちろん、その値段も話題になる宮崎県が誇る最高級フルーツです。完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の今シーズンの販売が16日、始まりました。

うやうやしく箱に詰められた南国の特産品。

宮崎県が誇る高級マンゴー「太陽のタマゴ」の販売が今年も16日、始まりました。

宮崎産のマンゴーは完熟して木から自然に落ちたものを収穫するのが特徴で、中でも「太陽のタマゴ」は糖度や見た目の美しさなど厳しい基準をクリアした一級品です。

【試食した市場関係者】
「うまい、やっぱ最高やね」
「外国産とは違う甘さがあると思います」

福岡市の市場で行われた初競りでは1箱5万円の最高値がつきました。

その一方、福岡市のデパ地下では。

【記者】
「こちらで売られているのは全国で最高値の太陽のタマゴです!お値段なんと、2玉で43万円です!」

地元宮崎で競り落とされた全国最高値の太陽のタマゴ。

午後から天神のデパ地下に鎮座しました。

【訪れた客】
「まあ、びっくり」
「無理ですね」
「給料何か月分!?」

今年で誕生から20年となる、太陽のタマゴ。

懸念された新燃岳の噴火の影響もないということで、5月中旬に出荷のピークを迎えます。

テレビ西日本

最終更新:4/19(木) 12:12
TNCテレビ西日本