ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

市長退職金「多すぎ」 公約通り廃止を提案へ 西宮・新市長の石井氏

4/16(月) 12:16配信

神戸新聞NEXT

 15日に投開票された今村岳司・前兵庫県西宮市長(45)の辞職に伴う同市長選で、無所属で立候補した元衆院議員石井登志郎氏(46)が初当選し、16日午前、神戸新聞社などの取材に対し、市長選で公約とした市長退職金(約2800万円)の廃止を実現する考えを明らかにした。

 今村氏が任期途中で辞職したため、石井氏は選挙日の15日付で市長に就いた。任期は2022年4月14日まで。石井市長は市長退職金について「市民からすると、金額が多すぎる。(市役所)改革の導火線としたい」と述べ、早い時期に廃止条例案を市議会に提案したいとした。

 石井市長は15日の市長選で3万7831票を得たが、次点の元兵庫県議吉岡政和氏(43)=自民、公明推薦=の3万7723票とわずか108票の差だった。石井市長は、ほかの候補5人の得票が計約10万5千票に達したことを踏まえ「私の名前を書かなかった人も含めた代表としてやっていく。一つ一つの信頼の積み重ねが必要だ」と話した。

 石井市長は16日朝、同市のJR甲子園口駅前に立ち、市民に当選を報告。同日午前、同市選挙管理委員会から当選証書を受け取った。(初鹿野俊) 

最終更新:4/16(月) 13:25
神戸新聞NEXT