ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

DeNA17年ぶり8連勝 暗黒時代知る筒香が語る絶好調の理由

4/16(月) 12:00配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 勢いが止まらない。

 15日、DeNAが中日に3タテの快勝。7日の広島戦から負けなしの8連勝と強さを見せつけている。DeNAが8連勝以上を記録したのは、前身の横浜時代の2001年以来。つまり17年ぶりの快挙だ。

 横浜が1998年に優勝した当時の強力打線は「マシンガン」と呼ばれていたが、ラミレス監督はスモールベースボールへの意識も高い。この日も初回から象徴的なシーンがあった。1死一塁の場面、筒香の右前打で一、三塁とし、ロペスが倒れて2死。宮崎が二塁打を放つと、筒香が一塁から一気に生還した。

 指揮官は「ロペスや筒香ら体の大きい選手にも、1つでも先の塁を目指してほしい。筒香にも盗塁のサインを出すかもしれない」と話した。ラミレス監督の多彩な采配や選手の意識変化も好調の要因といえそうだが、チームの主砲であり、3年前からキャプテンを務める筒香は、10年に横浜に入団し、08年から5年連続最下位に沈んだ「暗黒時代」を知るひとり。今のチームをどう見ているのか。

「(昔と比べて)野球が変わってきたというのもありますし、監督が代われば当然、野球(のスタイル)も変わります。ただ、ファームでずっとやってきた選手が一軍で結果を出せるようになってきたことが(強くなった)理由のひとつかなと思うので、監督が代わったからどうこうという問題ではないと思う。選手一人一人のレベルが上がってきたのかなと。キャプテンとしての正解、不正解は分からないですけど、僕はこれまでと変わらず、毎年務めを果たすために根気よくやっていくことが大事だと思っています」

 筒香が言うように、チームの地力がアップした結果だとしたら、今年こそ優勝を狙えるはずだ……。