ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

欅坂・平手友梨奈、映画初出演で初主演!北川景子「絶対的な存在感」

4/16(月) 7:00配信

サンケイスポーツ

 欅坂46の平手友梨奈(16)が9月14日公開の「響-HIBIKI-」(月川翔監督)で映画初出演にして初主演を飾ることが15日、分かった。

 原作は「マンガ大賞2017」に輝いた柳本光晴さんの漫画「響~小説家になる方法~」。天才女子高生の響(平手)が小説デビュー作で芥川賞と直木賞をW受賞し、文学界を揺るがす物語だ。

 平手は1月に右腕の上腕三頭筋損傷で全治1カ月と診断され、ライブの仕事をセーブ中。映画は今月下旬にクランクイン予定で「観てくださった方が生きていく中で大切なことにハッと気づかされるような作品になるといいな」と、まずは同作に全力投球する。

 響の才能を見いだす編集者、ふみ役は女優の北川景子(31)に決定。北川は「(平手の)アイドルとしての絶対的な存在感が響と共通する。一緒にお芝居するのが楽しみ」と初共演を心待ちにしている。