ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

イタリアの名匠ビットリオ・タビアーニ監督が88歳で死去

4/16(月) 13:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 世界3大映画祭に数えられるカンヌ国際映画祭とベルリン映画祭で、それぞれ最高賞を受賞したイタリアの名匠タビアーニ兄弟の兄ビットリオ・タビアーニ監督が4月15日(現地時間)、イタリア・ローマで死去した。88歳だった。

 1929年にトスカーナのサンミニアートに生まれ、ピサで育ったビットリオ監督は、弟のパオロ監督とともに、60年以上にわたり共同で映画製作を続けた。ドキュメンタリー映画から劇映画へ転向後も、リアリティを追求した社会派作品を数多く発表。「父 パードレ・パドローネ」(77)がカンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞し、「サン★ロレンツォの夜」(82)で同映画祭の審査員特別グランプリに輝いている。「塀の中のジュリアス・シーザー」(12)ではベルリン国際映画祭の金獅子賞を受賞。また86年には、ベネチア国際映画祭で金獅子賞生涯功労賞が贈られた。

 米バラエティによれば、ビットリオ監督はながらく病をわずらっていたと、娘のジョバンナが伊メディアに語ったという。17年の「レインボウ」(17)が最後の監督・脚本作品となったが、イタリアのコリエーレ・デラ・セラ紙によれば、実質的には弟パオロ監督が単独でメガホンをとっていたようだ。

 イタリアのセルジョ・マッタレッラ大統領は、「イタリア映画と文化は紛うことのない愛すべき主唱者を失い、深く追悼の意を示す」と声明を発表。遺作となった「レインボウ」の世界初披露の場となったローマ映画祭では、「イタリアシネマの父のひとり」と公式Twitterに追悼メッセージを投稿した。

最終更新:4/16(月) 13:00
映画.com