ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

〔東京外為〕ドル、107円台前半=調整売り一巡で小動き(16日午後3時)

4/16(月) 15:30配信

時事通信

 16日午後の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、午前の調整売りが一巡すると下げ止まり、1ドル=107円台前半で小動きしている。午後3時現在、1ドル=107円20~21銭と前週末(午後5時、107円63~64銭)比43銭のドル安・円高。
 週明けオセアニア時間のドル円は買いが先行し、107円50銭台に浮上。午前の東京市場は、利益確定や持ち高調整の売りに押され、正午に向けて107円10銭台へじり安となった。午後は107円10~20銭台を中心に小幅な値動きとなっている。
 週末の米英仏によるシリア攻撃のドル円への影響は限定的だったが、「米ロ関係の緊張状態は続いていて、上値は重い」(外為仲介業者)という。目先の注目材料は17日から開かれる日米首脳会談で、「米国が貿易や為替で日本への圧力を強めれば、ドル売り・円買いが進む」(FX会社)との指摘があった。
 ユーロは、対円で下落、対ドルでもみ合い。午後3時現在、1ユーロ=132円18~18銭(前週末午後5時、132円84~84銭)、対ドルでは1.2328~2329ドル(同1.2341~2341ドル)。

最終更新:4/16(月) 17:28
時事通信