ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

独外相がロシアの対外活動批判、シリア問題に「建設的な貢献を」

4/16(月) 9:26配信

ロイター

[ベルリン 15日 ロイター] - ドイツのマース外相は15日、シリアのアサド政権への支持を含むロシアの一連の対外活動を批判するとともに、独外務省へのサイバー攻撃についてもロシアに責任があるとの見方を示した。

マース外相はロシアの問題ある活動として、ウクライナ東部の停戦合意が実行されていないことや英国での神経剤を用いた元ロシア情報機関員らへの襲撃事件、シリア政府への支持、欧米の選挙に影響を及ぼすための取り組みを挙げた。

外相は独公共放送ZDFに対し、「外務省に対する(サイバー)攻撃があり、これはロシアが仕掛けたと想定する」と述べた。政府当局者らは2月に政府機関を狙ったサイバー攻撃について公表。国内情報機関のトップは前週、ロシアが関与した可能性が高いと指摘していた。

マース氏は同日、公共放送ARDに対して、ロシアはますます「手ごわいパートナー」になっているが、独政府はシリア問題などを巡り対話を維持する構えだと表明。

「シリアの対立を含め、ロシアからの建設的な貢献を望むと明言したい。ロシアがアサド(大統領)を保護し続けるべきではないことも指摘する」と述べた。

最終更新:4/16(月) 9:26
ロイター