ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

STARMARIE、台湾ファンに“THE SECRET THEATER”でメッセージ

4/16(月) 12:27配信

BARKS

4月15日、台湾は台北にてSTARAMRIEの恒例となっている台湾定期公演が開催された。今回で14度目の単独定期公演となる。

◆STARMARIE 画像

2015年7月より台湾にて定期公演を開催。約3ヶ月に一度のペースで実施し続けている。STARMARIEは2月14日にニューアルバム「FANTASY WORLD IV」をリリース、台湾では同アルバムリリース後はじめての単独公演ということで、多くの台湾マリスト(=ファンの呼称)が会場に訪れた。

STARMARIEは、自身がテーマとして掲げている“ファンタジーワールド”をより研ぎ澄ませるために、“THE SECRET THEATER”という劇場スタイルの公演を不定期にて実施。楽曲の世界観をより拡張させるために、ステージを覆うサイズの巨大スクリーンにストーリー性のある映像を投影し、単なるライブとは異なる唯一無二の世界を構築している。今回の台湾定期公演では、日本のTHE SECRET THEATER同様に、ステージ後部に中国語にて構成された物語を投影しながら彼女たちの世界を構築していった。

STARMARIEのショーの始まりを告げるオープニング映像と共にメンバーが一人ずつステージに。定番の楽曲でありながら、通常のライブのオープニングSEとは異なり、ショーの始まりを感じさせるこの曲は、今後のSTARMARIEのステージにも欠かせないであろう。主人公が、大切な人との想い出を思い返しながら、引き続き共に歩む未来を見据える姿が序章として描かれた後、「FANTASTIC!!」、「プリンセスとコメディアン」と、勢いよくこの日の公演はスタート。序章で描かれた想い出が、キラキラと彩られていく。

「恋するボーカロイド」、「余命124日のシンデレラ」が引き続き披露された後、再びステージには物語が描かれる。今後も大切な人と共に歩むと考えていた主人公が、ふとした瞬間に相手との関係に不安を覚える。その不安を振り切るかのようにまた前を向く主人公の姿が描かれ、今度は「屋上から見える銀河 君も見た景色」、「さよならお弁当」と大切な人との離別を描いた楽曲をドラマチックに展開していく。台湾では初披露となる、「本当は怖い桜の話」が披露されると次第に募る不安が、主人公を押しつぶす。それでも大切な人と共に歩みたい、という想いとの間に揺れる姿が描かれる中、最近のSTARMARIEのモチーフともなっているハードロックテイストのアーティストロゴがバックに掲げられながら「サーカスを殺したのは誰だ」新曲「妻はハイドには会ってはいけない」と攻めの楽曲が続けて披露されると、会場のボルテージは一気に加速する。代表曲「悪魔、はじめます。」では、物語の主人公の不安や鬱憤を振り払うかのように声高々と歌い上げるSTARMARMIEの5人とフロアが一体となりこの日一番の盛り上がりを見せた。

公演も終盤に差しかかり、不安を振り払った主人公は大切な人と共に歩む事を選択する。その意志は固く、「ずっと君のそばにいる。誰も欠けずに行こう。」というメッセージを残す。まるでSTARMARIEと台湾マリストの関係を表しているかのような一連の物語から、“絶対にあなた連れて行くから 誰も欠けずに行こう”とSTARMARIEの未来に着いて来てほしい、というストレートな想いが込められた新曲「Fantasy World For You」が披露される。最後は、最新アルバムより「ドント・ルッキン・フォーミー」にて大団円を迎える。永久に大切な人を想い続けたいという切なくも、大切にしていきたい気持ちにさせる同曲の歌詞が、この日の物語を締めくくる。1曲1曲に強いメッセージがあり、それらが集まり織りなす1本の物語は、その場にいる者に大きな感動を与える。これこそがSTARMARIEの構築する世界であり、国境、文化、歴史を超え愛される理由なのかもしれない。

会場からは鳴り止まないアンコールが巻き起こる。真っ暗なステージにメンバーが現れればそこにはキーボードが。台湾ではこれまた初披露となる高森紫乃のキーボード演奏による「ヘブンズ・ウェディング」が披露される。一音一音、聴き漏らさないように高森のキーボードとメンバーの歌声に耳を傾ける。緊張が隠しきれない高森ではあったが、同曲をしっかりと演奏しフロアの心を掴む。拍手が贈られた後、緊張感から開放されたメンバーは本編・アンコール通して初のMCを披露。7月21日の台湾公演実施、ファンイベント開催、8月の大型旅行展覧博Touch The Japanへの出演が次々と発表され会場には笑顔が溢れた。5月に誕生日を迎える木下望へのバースデーサプライズもあり、温かい空気の中「ぐらんぱぐらんぱ」、「星の旅人たち~明日世界がなくなるとしたら~」の2曲が披露され、この日のステージは幕を下ろした。

STARMARIEは新アルバムを引っさげた大型ツアーを実施中で、5月にはマレーシア、自身初となる四国遠征の愛媛・香川公演が控えている。

■ツアー・イベント出演スケジュール
<STARMARIE 10th Anniversary Show(仮)>
2018年7月21日(土)台湾 Taipei PIPE Live Music

<Touch The Japan>
2018年 8月24日~27日 ※STARMARIE出演日は追って発表

<STARMARIE TOUR 2018 Fantasy World for You>
2018年5月4日(金・祝)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2018年5月12日(土)マレーシア(会場未定)
2018年5月19日(土)愛媛県 松山サロンキティ
2018年5月20日(日)香川県 高松MONSTER
2018年5月21日(月)東京都 TOKYO FM HALL
2018年5月26日(土)静岡県 浜松 K-mix 1F space-K
2018年5月27日(日)大阪府 OSAKA RUIDO
2018年6月9日(土)愛知県 名古屋 LIVE HALL M.I.D
2018年6月10日(日)静岡県 HAMAMATSU FORCE
2018年6月22日(金)東京都 TOKYO FM HALL

<SHOW-YA PRODUCE『NAONのYAON 2018』>
■会場:日比谷野外大音楽堂
■日時:2018年4月29日(日・祝) 14:00開場 / 15:00開演
■チケット:全席指定 7,560円(税込)

最終更新:4/16(月) 12:27
BARKS