ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

(科学の扉)はやぶさ2、いざ探査へ 6月にも小惑星到着、1年半かけ試料採取

4/16(月) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 2014年末に打ち上げられた小惑星探査機「はやぶさ2」が、今年6月にも小惑星「リュウグウ」に到着する。数々のトラブルに遭いながら、別の小惑星から世界で初めて試料を持ち帰った「はやぶさ」の後継機。探査はいよいよ本格化する。

 3月末、神奈川県相模原市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)宇宙科学研究所の管制室で、小惑星探査機「はやぶさ2」の運用訓練があった。
 高い天井からつり下げられた大型スクリーンには、コンピューター上に再現した仮想のはやぶさ2に送った命令や返ってきたエラー信号の記録、小惑星までの距離などの情報が映し出された。……本文:2,186文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社