ここから本文です

会社を休むと決まったら力がみなぎる……社会人つらいよあるある漫画がわかりみすぎる

4/16(月) 7:35配信

ねとらぼ

 残業、有給、時間管理、モチベーション……仕事、働くことについて、誰もが一度は体験し、思ったことがあるのではないかと思われる漫画「はたらく人の4コマ」に、共感のリプライが集まっています。

【画像】他の社会人4コマ漫画

 作者は「つぶやきGANMA!」で連載中の佐藤ショーキさん。Twitterやpixivでイラストや漫画を公開しています。

 そんな佐藤さんの「はたらく人の4コマ」の作品「体調不良」は、主人公が会社に体調不良で休むと連絡する場面から始まります。電話を切ると、どこからか力がみなぎってくる主人公。会社を休めると分かった途端、体調が、力が復活します。そして「イカのゲームやろ!!」とやる気も復活! 小学生のころなどもそうだったような気がしますが、この解放されてからの復活力ってすごいものですよね。さっきまで本当に頭痛がしていたのに、外にお出かけすることだってできちゃう。小学生あるあるでもあり、社会人あるあるですね。

 別の作品「人生を楽しむのが下手な人」は、まさに時間に支配されて生きる人のお話。仕事中の11時には終業まであと9時間と考え、18時半ごろになると、終業まであと1時間半と、常に終わりの時間を気にしながら働いています。仕事が終わった瞬間はハッピーになるものの、22時ごろには始業まであと11時間……仕事が終わったのもつかの間、次は仕事の開始時間が気になるという、時間に支配されている主人公。漫画として読むと気の毒でこうなりたくないな、なんて思ってしまいますが、実際にはこの主人公のように、常に時間を気にして日々を送っている人の方が多いかもしれません。

 なぜ働くのか? 仕事に関する価値観は人それぞれですが、「生活するため」という理由も少なからず含まれていることでしょう。でも、反対に、仕事のために生活するとなると、それは突然生活を壊すものに変貌する可能性もあります。

 佐藤さんは「新社会人の皆様に向けて」「生きましょう」というコメントを添えてこの漫画を投稿。新年度だからこそ、この漫画で読んで仕事に飲み込まれていないかを確認しつつ、「つらさ」が大きくなりすぎないうちに、誰かに相談できるようにしておきたいですね。生きてこその毎日、人生ですもの。

 他の漫画は佐藤ショーキさんのTwitterで読むことができます。

画像提供:佐藤ショーキさん

最終更新:4/16(月) 7:35
ねとらぼ