ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【ボクシング】比嘉をTKOしたロサレス「ボクサーなら誰でも減量はきつい」

4/16(月) 10:33配信

イーファイト

 4月15日(日)横浜アリーナで行われたボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチに於いて、前日計量で900gオーバーで失敗し王座剥奪となった比嘉大吾(22=白井・具志堅スポーツジム)に9R、比嘉陣営のタオル投入によりTKO勝利し新王者となったクリストファー・ロサレス(23=ニカラグア)が、試合後インタビューに答えた。

【フォト】タオル投入後、コーナーに座り悔しい表情の比嘉

 ロサレスは9R半ば、自身が優勢に試合を進めていたところ比嘉陣営の突然の棄権について「比嘉のギブアップは待ちに待った瞬間だった。最後の9R目は、比嘉はまったく打ち返してこなかったので勝利を確信していた」と語った。
 比嘉は8R終了後に発表された3人のジャッジの採点が1人は引き分けだったが、他の2人は75-77、73-79とロサレス側にポイントをつけ差をつけていた。

「全ラウンドを通じて、今回の彼に力を感じなかったね。だから僕が攻撃的になれた。万全の準備もしてきたしね。減量に失敗した比嘉のことは理解するけど、ボクサーなら誰でも減量はきつい。ただ、このことに関して言えるのはこれだけ」と力を感じなかった比嘉の原因を減量とは理解するが、それは選手すべて同じ条件下で勝負しているのだと言い、自身の勝利の価値を高めた。
 そして「また日本で試合がしたい」と新王者はそう言い残し会場を後にした。(吉倉拓児)

最終更新:4/16(月) 11:27
イーファイト