ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

J・ラームが地元大会で今季初V 谷原秀人、宮里優作も好フィニッシュ

4/16(月) 18:55配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<スペイン・オープン 最終日◇15日◇セントロナショナルゴルフ(7,096ヤード・パー72)>

【連続写真】米ツアー初優勝 小平智の2018年最新スイング

欧州ツアー「スペイン・オープン」の最終日が終了。2打差の3位から出た世界ランク4位のジョン・ラーム(スペイン)が、6バーディ・1ボギーの「66」をマークし、トータル20アンダーで逆転勝利。地元のナショナルオープンで嬉しい今季初優勝を遂げた。

日本勢では谷原秀人がトータル14アンダー・9位タイ、宮里優作がトータル13アンダー・12位タイと好フィニッシュ。それぞれ「67」、「66」と最終日の追い上げで上位に食い込んだ。

首位と2打差の2位にポール・ダン(アイルランド)、3打差3位にナチョ・エルビラ(スペイン)が入った。昨年まで日本ツアーを主戦場としていたスンス・ハン(米国)はトータル12アンダー・21位タイだった。

【最終結果】
優勝:ジョン・ラーム(-20)
2位:ポール・ダン(-18)
3位:ナチョ・エルビラ(-17)
4位:ジョージ・クッツェー(-16)
5位T:マーク・ウォレン(-15)
5位T:ブレット・ラムフォード(-15)他

(撮影:GettyImages)<ゴルフ情報ALBA.Net>