ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

『フルメタル・ジャケット』ハートマン軍曹役R・リー・アーメイさん死去…鬼教官ぶりでおなじみ

4/16(月) 11:36配信

シネマトゥデイ

 映画『フルメタル・ジャケット』の鬼教官ハートマン軍曹役で知られた俳優R・リー・アーメイさんが現地時間15日、肺炎の合併症で死去した。74歳だった。

ハートマン軍曹が罵倒!『フルメタル・ジャケット』フォトギャラリー

 「ザ・ガニー(一等軍曹)」がニックネームだったアーメイさんの突然の死は、アーメイさんの公式TwitterやFacebookで、彼の長年にわたるマネージャーによって発表された。「誰も予期していなかったつらい死です。彼の存在は多くの人々にとって、本当に大きな意味を持っていました」「『フルメタル・ジャケット』のハートマン軍曹はしきたりを厳守する厳しい人でした。しかし本当のR・リー・アーメイは家族を大切にする人で、優しく穏やかな魂を持っていました。彼は誰に対しても思いやりがあり、特に、困っている人々がいれば深く気に掛けていました」と故人への思いがつづられ、「永遠に忠誠を(アメリカ海兵隊の標語)、ガニー。よい旅を」という言葉で締めくくられている。

 アーメイさんは実際にアメリカ海兵隊出身で当時はベトナムや沖縄に派兵され、教練教官を担当したこともある。11年の従軍の末に除隊してからは、演技の勉強をし、ヘリコプターのパイロット役でフランシス・フォード・コッポラ監督作『地獄の黙示録』に出演するとともに、経歴を生かしてコッポラ監督の技術面でのアドバイザーも務めた。

 そしてアーメイさんを一躍有名にしたのが、放送禁止用語を駆使して新兵たちを罵倒する『フルメタル・ジャケット』の鬼教官ハートマン軍曹役だ。スタンリー・キューブリック監督はもともとアーメイさんをハートマン軍曹役のアドバイザーとして雇ったものの、そのお手本を見て感銘を受け、彼に同役を与えたという経緯がある。アーメイさんはこの演技で第45回ゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネートされるなど、批評的にも高い評価を得た。

 そのほか『ミシシッピー・バーニング』『セブン』『デッドマン・ウォーキング』『テキサス・チェーンソー』をはじめ多数の作品に出演したアーメイさん。アニメーション映画『トイ・ストーリー』シリーズではプラスチック製のおもちゃの兵士隊「アーミーメン」の軍曹役の声優を務め、ファンを喜ばせた。(編集部・市川遥)

最終更新:4/16(月) 11:36
シネマトゥデイ