ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<気仙沼つばきマラソン>大橋(宮城石巻RC)2年ぶりV ハーフ男子

4/16(月) 12:42配信

河北新報

 第35回河北新報気仙沼つばきマラソン(河北新報社、気仙沼市など主催)が15日、気仙沼市大島の大島小・中学校前を発着点とするコースであった。男女20種目で頂点を争い、ハーフマラソンの一般男子は大橋真弥(宮城・石巻RC)が1時間7分42秒の大会新記録で2年ぶり2度目の優勝を飾った。一般女子は井波由希(宮城・ウィルランズ)が1時間30分58秒で4年ぶり2度目の栄冠に輝いた。

 3キロの中学男子は杉本智紀(仙台市六郷中)が9分52秒の大会新記録で頂点に立った。

◎ハーフ一般女子は井波(宮城ウィルランズ)が独走

 【経過】一般男子ハーフは序盤で大橋、早坂、前年覇者の畑中が先頭集団を形成。折り返してからは大橋が抜け出し、最後は2位早坂に1分1秒の差をつけて大会新記録でゴール。早坂も大会新の好タイムだった。

 一般女子ハーフは井波が序盤から独走。折り返し手前の上り坂でも一定のピッチを保ち、終始ペースを乱すことなく、2位に3分1秒の差をつけて完勝した。2位は2年連続で五十嵐が入った。

 【男子】

 ▽一般ハーフ (1)大橋真弥(石巻RC)1時間7分42秒(2)早坂光司(石巻RC)1時間8分43秒=以上大会新(3)及川憲一(石巻RC)1時間14分40秒(4)三浦寿輝(YKKAP東北)(5)柿沢良昭(茅ケ崎市役所)(6)阿部健太郎(かんぽ生命保険仙台契約SC)

 ▽高校(10キロ) (1)斎藤琉生(宮城・気仙沼)34分26秒(2)鈴木唯斗(宮城・気仙沼)34分51秒(3)小野寺漱斗(宮城・気仙沼)36分26秒(4)及川拓真(宮城・気仙沼)(5)小山裕生(宮城・気仙沼)(6)高橋和輝(宮城・気仙沼支援学校)

 ▽39歳以下(10キロ) (1)石井辰樹(東北パイオニアEG)32分58秒(2)桧野晃宏(YKKAP東北)33分52秒(3)今野一平(おおさきRC)34分9秒(4)土肥恭平(YKKAP東北)(5)羽生良樹(おおさきRC)(6)菅井拓也(YKKAP東北)

1/3ページ

最終更新:4/16(月) 17:57
河北新報