ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

サファテから勝ち越したのに…ロッテ内 痛恨の被弾 柳田と勝負裏目

4/16(月) 6:00配信

スポニチアネックス

 ◇パ・リーグ ロッテ6―7ソフトバンク(2018年4月15日 鹿児島)

 ロッテは強気の策が裏目に出た。6―5の9回に守護神・内が1死二塁で3番・柳田と勝負。4、5番にいた内川とデスパイネは既に退いていたが敬遠策を選ばず、逆転サヨナラ本塁打を浴びた。

 井口監督は「歩かせたら逆転の走者だったから。こういう接戦を勝たないと上には行けない」と唇をかんだ。直前の攻撃では、相手の絶対守護神・サファテから荻野の三盗と中村の内野安打で16年4月6日以来26試合ぶりの得点を挙げただけに、手痛い敗戦となった。

スポーツナビ 野球情報