ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

多田修平 10秒35 課題の後半で伸びず「厳しめに言うとまだまだダメ」

4/16(月) 6:01配信

デイリースポーツ

 「陸上・第2回大阪記録会」(15日、ヤンマースタジアム長居)

 陸上男子100メートルの昨季世界選手権代表で自己ベスト10秒07の多田修平(21)=関学大=が15日、ヤンマースタジアム長居で行われた記録会の100メートルに出場し、10秒35(向かい風0・2メートル)だった。「厳しめに言うとまだまだダメ。歩幅が狭くて体も反っている」と反省を口にした。

 今季の国内2レース目は小雨が降り、気温は約12度。寒さに体が固まった。スタートで飛び出して加速するも、課題の後半で伸ばせず。「選手紹介の時にサブイボがでた」と苦笑いを浮かべた。

 4月から4年生。大学ラストイヤーを迎えているだけに「関学のユニホームを着て結果を残したい。数字で言えば9秒台は最低条件」。高校生ら約3000人の視線を集めながら、さらなる飛躍を誓った。