ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

仁和寺門跡に瀬川大秀氏 

4/16(月) 23:20配信

京都新聞

 真言宗御室派の総本山・仁和寺(京都市右京区)は16日、立部祐道門跡(78)の任期満了に伴い、後任に同寺前執行長の瀬川大秀氏(70)が内定したと発表した。同派管長を兼ねる。任期は6月23日から5年間。
 瀬川氏は愛媛県出身で高野山大卒。宗会議員などを経て、2010年から今年3月まで執行長と同派宗務総長を務めた。
 自坊は愛媛県西条市の王至森寺(おしもりじ)。

最終更新:4/16(月) 23:20
京都新聞