ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

家族に感謝、花束贈る 春の緑花フェア20周年イベント 湖西

4/16(月) 8:14配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 湖西市の新居文化公園で15日に開かれた「第20回こさい春の緑花フェア&きらく市」で、20周年記念として大切な人へ花束をプレゼントするイベントが行われた。

 市が企画した記念イベントのテーマは「家族に贈る感謝のブーケ」。事前に申し込んだ2組が参加し、愛知県東三河の花生産者らでつくる団体がブーケデザインに協力した。

 今年20歳の節目を迎える磐田市在住の公務員水野友菜さん(19)は、母親へのブーケを希望。観客の前で、水野さんがカーネーションやバラ、ガーベラなどの花を選び、団体のメンバーが即興で組み合わせてブーケに仕立てた。

 水野さんが母親の佐智子さん(46)に「心配や迷惑をかけてきたけど、ここまで育ててきてくれてありがとう」とブーケを手渡すと、来場者から温かな拍手が送られた。佐智子さんは「花を贈ってもらえると思っていなかった。ピンク色の花を選んでいたので、私の好みが分かっているなと思った」とうれしそうに話した。

 会場では園芸資材や花の苗の特価販売、花束作りの無料体験、音楽ステージなども行われ、家族連れでにぎわった。

静岡新聞社