ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

BMWの「Mパフォーマンス」を意識しまくり、ヒュンダイが新パッケージを開発中

4/16(月) 18:00配信

レスポンス

韓国ヒュンダイのコンパクト・ハッチバック『i30』に設定される予定の新スポーツパッケージ、『i30 Nライン』市販型プロトタイプを初めてカメラが捉えた。これは、BMWでいう「M-Performance(Mパフォーマンス)」的な立ち位置にあたる少しスパイスの効いたシリーズとなる。

[関連写真]

ヒュンダイは、2015年に高性能モデルに特化したブランド「N」を立ち上げ、その第一弾として、2017年に『i30N』を発表し今夏にも発売される。そのパワートレインは、最高出力250psを発揮する直噴2リットル直列4気筒ガソリンターボ「T-GDI」エンジンを搭載している。一方でベースモデルのi30は最高出力118psを発揮する1リットル直列3気筒エンジン、及び最高出力138psを発揮する1.4リットル直列4気筒エンジンなどをラインアップしているが、「Nライン」はこれらの中間に位置するスポーティモデルとして、最高出力は200ps程度が噂されている。

捉えた開発車両は、専用のエアダクトやバンパーを装備すると見られるフロントマスクは厳重にカモフラージュされていたが、リア部がフルヌード状態。「N」より控えめなルーフスポイラー、専用のバンパー、ツインエキゾーストパイプ、サイドスカート、大径ホイールが見て取れる。ディフューザーにあしらわれた赤いアクセントが、ノーマルモデルとは違うことを主張している。

ワールドプレミアは、2019年内となる可能性が高い。



《レスポンス 子俣有司@Spyder7》

最終更新:4/16(月) 18:00
レスポンス