ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

県東部の子育て支援 企業主導型保育園で入園式 清水町に新設

4/16(月) 7:58配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 子育て支援・保育事業のアルムシンシア(三島市)は15日、県東部の保護者向けに今春新設した企業主導型保育園「夢咲き保育園」の入園式を清水町卸団地の同園で開いた。園児と保護者ら約30人が出席した。

 近隣の商業施設や金融機関、病院など企業で働く保護者を支援する目的で開設した。定員は39人。現在入園児は19人で、30人程度に増える予定という。

 コミュニケーションを重視した幼児英語教育が特徴。毎日英語の時間を設け、保育士が指導を行う。一時預かりや延長保育にも対応する。

 対象年齢は0~5歳。建物は木造平屋建て、延べ床面積は約172平方メートル。入園式で渡辺夕佳理施設長は「保護者と力を合わせ、良い園にしていきたい」とあいさつ。園児は担任から点呼を受け、英語の歌を披露した。

 問い合わせは同園<電055(939)9788>へ。

静岡新聞社