ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

山田洋次監督、戦争におう世界に…舞台「母と暮せば」上演に寄せる思い

4/16(月) 19:42配信

シネマトゥデイ

 吉永小百合、二宮和也出演の映画『母と暮せば』(2015)のメガホンをとった山田洋次監督が16日、新宿の紀伊國屋ホールで行われたこまつ座「戦後“命”の三部作」完成制作発表会見に出席し、自身が命名した「戦後“命”の三部作」への思いを語った。

映画版『母と暮らせば』【画像】

 作家・劇作家の井上ひさしさんが座付き作家として立ち上げたこまつ座の代表作「父と暮せば」と、井上さんの構想を受け継いだ山田監督が、長崎で被爆した母と亡き息子の幽霊との交流を描き出したファンタジー『母と暮せば』。この対となる2作品に加え、映画公開当時に上演していた舞台「木の上の軍隊」を合わせ、山田監督の命名したのが「戦後“命”の三部作」だ。舞台版『母と暮せば』は、母役に富田靖子、息子役に松下洸平というキャスティング、栗山民也の演出、そして山田監督の監修によって、この秋から上演される。

 「死者が亡霊となって現れて、会話を交わすという物語は昔からたくさん生まれてきました。井上さんは『父と暮せば』という作品で、その死者の亡霊を、原爆の地獄の中で焼き殺されたお父さん、そして生者を娘にして、父と娘のドラマを作り上げました」と切り出した山田監督は、「それを二人芝居という難しい形で。しかも重い主題でありながら、軽くて、ユーモアを交えながら楽しく観ることができる。こういう作品を書くことができるのは井上さんが天才だから。井上さんにしかできないことだと感心していました」と述懐した。

 そのうえで、舞台版の『母と暮せば』について「(映画と違い)二人芝居で、井上さんに負けないくらいの台本を書くのは大変なことだと思いますが、畑澤聖悟さんという優れた劇作家が引き受けてくれたと聞いて安心しています」とコメント。さらに「『母と暮らば』も含め、三部作が繰り返し上演されるということは、今の戦争のにおいがプンプンする世界には大事だろうと。きっと観客も熱烈に迎え入れてくれるに違いない」と付け加えた。

1/2ページ

最終更新:4/16(月) 19:42
シネマトゥデイ