ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

<シリア問題>仏大統領、トランプ氏を説得「長期的関与を」

4/16(月) 10:34配信

毎日新聞

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領は15日、米英仏によるシリア空爆に関連し、トランプ米大統領に対して、米軍がシリアから撤退することなく、今後も長期的に関与するよう説得したと表明した。

 同日出演した仏ニュース専門テレビ「BFM」で、マクロン氏は、3月末にトランプ氏がシリアからの米軍撤収に言及したことに触れ、「長期的にとどまってもらう必要性があると説得した」と説明。仏国内ではシリア空爆に対し、野党から「国際社会での話し合いを優先すべきだった」との批判が上がっているが、マクロン氏は「攻撃には完全な正当性がある」と反論した。

最終更新:4/16(月) 10:34
毎日新聞