ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

菅田将暉、土屋太鳳の運動神経は「怪物」

4/16(月) 21:36配信

シネマトゥデイ

 俳優の菅田将暉が16日、東京都内で行われた映画『となりの怪物くん』最強怪物決定戦イベントに来場、映画のタイトルに絡め、共演者の女優・土屋太鳳の運動神経を「怪物」と褒めたたえた。この日はお笑いコンビ・アイデンティティ(田島直弥、見浦彰彦)も来場した。

【写真】菅田将暉&土屋太鳳が体のやわらかさ対決

 イケメンで頭脳明晰(めいせき)だが行動予測不能な超問題児で「怪物」と呼ばれる春(菅田)と、勉強第一で恋をしたことがないガリ勉&冷血の雫(土屋)を中心とした不器用なキャラクターたちが織り成す青春恋愛映画である本作。この日のイベントは有効座席数62席という小ぢんまりとした空間で行われ、ステージに登壇した菅田は「ぜいたくな空間ですね。密着感というか、密室感がありますね」とあいさつ。土屋も「場所の雰囲気といい、お客さんの雰囲気といい、とてもアットホーム。皆さん、“とな怪”の世界の仲間だと思っていただいて、楽しんでいただければ」と続けた。

 作品のタイトルにちなんで互いの「怪物」的な部分について質問された菅田は「怪物ですよ、太鳳ちゃんは」と切り出すと、「太鳳ちゃんは現場にまな板と包丁を持ってきていて。青汁的なものを持ってくる人はいますけど、包丁とまな板を持ってくる人は初めてみましたね」と返答。さらに「運動神経がすごいですよね。(劇中で)バッティングセンターで打つシーンがあるんですけど、太鳳ちゃんが本気を出せば全部打てるくらい。(役柄と違うから)太鳳ちゃん腰を入れないでと言っていたくらいすごかったですね」と紹介した。

 すると土屋も「女の子ってかわいい振り方をするんですよね。弟もいたし、よくバッティングセンターにも行っていたので、フォームとかすごく気にして」と語りながら、この日も腰の入ったスイングを披露。あらためて土屋のフォームを目の当たりにした菅田は「カッコいいよね」とほれぼれした様子だった。

 この日は“怪物くん”にちなみ、声優の野沢雅子のものまねで人気のお笑い芸人・アイデンティティも舞台に上がった。ドラゴンボールをネタにした漫才を披露し、菅田、土屋はともに大笑い。野沢にふんした田島が土屋に向かって、「(ドラゴンボールに登場するキャラクターの)桃白白(たおぱいぱい)的にはどうなの?」と問いかけると、「それ、中学校の頃よく言われました!」と土屋が目を輝かせ、「呼ばれていたの!?」と会場を驚かせていた。(取材・文:壬生智裕)

映画『となりの怪物くん』は4月27日より全国公開

最終更新:4/16(月) 21:36
シネマトゥデイ