ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

築地場外市場で「半値市」今年も マグロや卵焼き、包丁などの「逸品」販売 /東京

4/16(月) 14:32配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 築地場外市場(中央区築地4)で5月12日、「築地場外市場春まつり 半値市(はんねいち)」が開催される。(銀座経済新聞)

過去の「築地半値市」の様子

 築地場外市場の店舗が各店の「逸品」を1点ずつ半値で販売する、毎年恒例の同催し。

 NPO法人築地食のまちづくり協議会の鹿川賢吾さんは「半値市は9時から始まるので、各店がどんな商品を販売するかを事前に調べ、買う商品を決めておくことをお薦めする。おいしいものをたくさん買っていただければ」と話す。

 築地場外市場のホームページで現在、参加店名や商品名などのリストが公開されており、マグロ、蒲焼、クジラカツ、卵焼き、生ビール、すし、丼物などの食材・飲食物から包丁、ふきん、たわしなどの台所用品まで、さまざまな出品予定商品を見ることができる。

 開催時間は9時から売り切れまで。

みんなの経済新聞ネットワーク