ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大谷 次回登板は強敵Rソックス!サイ・ヤング賞左腕プライスと投げ合い

4/16(月) 16:45配信

東スポWeb

【ミズーリ州カンザスシティー15日(日本時間16日)発】エンゼルス大谷翔平投手(23)が先発登板する予定だったロイヤルズ戦は悪天候のため中止となった。大谷は17日(同18日)に本拠地でナイターで行われるレッドソックス戦に先発する。登板予定がずれるのはメジャー初で、ナイターの試合に投げるのも初だ。難しいマウンドの上に、相手はメジャー勝率トップの最強軍団だ。しかし、二刀流はポジティブに捉えている。

 大谷3度目の先発は午後1時15分に試合開始の予定だったが、その30分ほど前に中止が決定。気温は氷点下1度、小雪が舞う悪天候だったが、スタンドからブーイングが上がった。前夜のナイターも気温は氷点下、雪が舞う中で行われ、この日も天候が心配されていた。大谷は「監督から(告げられたのは)、ちょうどグラウンドに出ようかなっと思った時だったので、ま、いいタイミングと言えばいいタイミングだった」と振り返った。

 日米メディアの取材に応じた大谷は、極寒の中での登板が幻となったことについて「そこに対しては、特に良かった悪かったっていうところはないと思うし、今日、投げたとしても、必ずいい経験として自分のものになると思っているので、結果うんぬんではなくて、結果的に中止(延期)になりましたけど、そこに対してはどっちにしろいい経験になると思います」と断言。気持ちは切り替えた。

 ソーシア監督は大谷の次回先発はレッドソックス3連戦の初戦、17日(同18日)と明かした。登板予定がずれるのも、ナイターで投げるのもメジャー移籍後初だ。「(初ナイターの影響は)特には、ないです。今までだったらナイトゲームが普通の試合なので、普通に入っていけたらいい。スライドは何回かやってきているので、調整の仕方というのは、ほとんど今までやってきている通りかなと思いますし、相手が変わることに関しては、それはそれでもう一回対策をすればいいことなので、この2日間、すごく大事だなと思っています」

 影響はない、というから頼もしい。さらにこう続けた。「常にプラスには捉えようと思っているので、休日が増えるってことは、フレッシュな状態で次に臨めるということ。それはそれでプラスじゃないかなと思っています」

 相手のレッドソックスはこの日のオリオールズ戦にも勝利。13勝2敗、勝率8割6分7厘はメジャートップ。もちろん、ア・リーグ東地区の首位を突っ走っている投げ合うのはメジャー中3128勝のサイ・ヤング賞左腕プライスだ。大谷は「ロイヤルズに合わせて打線を見てきたので、まだ確認はしていないが、ボクが実際にやるのは打線のほうなので、まずはそっちに集中したい。打線も素晴らしいですし、そこに対して負けないように準備をしっかりできればいい」と力を込めた。

 ただ、残念なことも。この日は黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソン氏をたたえるジャッキー・ロビンソン・デーで、選手全員が背番号「42」でプレーする予定だった。大谷は「なかなか、その番号をつけて投げることはないと思うので、そういう意味ではすごく楽しみにしていましたけど、ま、決まったことに関しては切り替えて、頑張りたいなと思います」と話した。

最終更新:4/16(月) 16:45
東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/21(土) 17:00