ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

安田成美 アンティーク・レースにぞっこん「本当に鳥肌もの」

4/16(月) 18:26配信

東スポWeb

 お笑いコンビ「とんねるず」木梨憲武(56)の妻で女優の安田成美(51)が16日、横浜そごう美術館で開催中の「ダイアン・クライスコレクション アンティーク・レース展」(5月13日まで)に駆けつけ、トークショーを行った。

 ベルギー出身で日本を拠点に活動する世界的アンティーク・レース鑑定家のダイアン氏が、企画から5年をかけて開催にこぎつけた展覧会。16世紀から19世紀にかけて、王侯貴族の権力の象徴だった貴重な手編みレース170点を見ることができる。

 安田はベルギーを訪れた際にアンティーク・レースの魅力にハマった。「何百年も前に、この細かくフワッとしたレースが人の手で作られたかと思うと感激する。1センチ四方を一日かけて編む。そこに注ぐエネルギーに感動した。本当に鳥肌もの。これは皆で見なきゃダメ。この感動を味わってほしい」と呼びかけた。

 実は、自宅の窓にアンティーク・レースを飾っており「しまっておくのはもったいない。だから、申し訳ないが、リメークしつつ、いつも見える場所に飾って生活の一部にしている」という。

 夫の木梨は芸人、俳優のほかに芸術家として個展を開くなど幅広く活動している。安田はレースでコースターや花瓶敷き、こたつがけ布団のカバーなどを編んでいるが「私は趣味の範囲」と苦笑した。

「憲武さんを見ているといいなとは思う。でも、私が使っているのは、このアンティーク・レースの100倍くらいの太さの糸。ヨーロッパでおばあさんが編んでいるのを見ると、すごい技術でびっくりした。もっと勉強しないといけない。上手になったら気持ちが変わるかな。おばあちゃんになるころに個展ができたらいいな」

 将来的には夫婦で芸術家として活動する可能性もありそうだ。

最終更新:4/16(月) 18:30
東スポWeb