ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

大麻所持の疑い、国立病院の医師を現行犯逮捕 警視庁

4/16(月) 13:26配信

朝日新聞デジタル

 大麻を持っていたとして、警視庁が国立病院機構「下志津病院」(千葉県四街道市)の医師安武正容疑者(29)=自称同県佐倉市=を大麻取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕していたことが、代々木署への取材で分かった。容疑を認めているという。

 署によると、逮捕容疑は13日午後10時すぎ、東京都渋谷区内の路上で、大麻約1グラムを所持していたというもの。安武容疑者が運転する車がパトカーの近くで急加速するなど不審な動きをしたため、警察官が車を停止させて職務質問し、大麻を発見した。下志津病院の担当者は「これから事実関係を確認する」と話している。

朝日新聞社