ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ガチャピン&ムック「beポンキッキーズ」終了後初イベント 自虐ネタで笑い誘う

4/16(月) 18:46配信

東スポWeb

 人気キャラクターのガチャピン(永遠の5歳)とムック(永遠の5歳)が16日、都内で行われた映画「劇場版仮面ライダーアマゾンズ」シリーズの公開記念連続上映会に出席した。

 動画配信サイト「Amazonプライム・ビデオ」で、2016年から配信された「仮面ライダーアマゾンズ」シリーズが、ついに劇場化された。タンパク質を好み、人を食べる人工生命体�アマゾン�と、2人の仮面ライダーの戦いを描いたヒューマンドラマだ。

 3月31日にBSフジの子供向け番組「beポンキッキーズ」が終了して以来、初のイベントとなったガチャピンとムックは、仮面ライダーの変身ベルトを装着して登場。仮面ライダー・アマゾンオメガが緑色、仮面ライダー・アマゾンアルファが赤色ということで、同じ色の2体はアマゾンズ応援隊長に就任し、同シリーズについて語った。

 ガチャピンは「シーズン1の“養殖と野生”っていう真反対のテーマが、とっても深いな~って思いました!」とコメント。これにムックは「もうドロドロしていて、私たち5歳児が見ていいのかな?って思いました~」と冗談で笑わせると「特にまもる君のキャラクター! これが弱肉強食の世界を表していていいなと」と声を大にした。

 ムックのトークは止まらず「私たち、キャラクターの世界も弱肉強食の世界です」と発言。「最近ちょっといろいろありましたから、シンパシーを感じちゃいました」と、前身番組から45年続いた「beポンキッキーズ」の終了を自虐気味に語ると、会場は大きな笑いに包まれた。すると、ガチャピンが「いろいろあったけど、元気にやってまーす」とゆるく語って会場を和ませるなど、息はぴたっりだった。

 この日のイベントには出演俳優の藤田富(26)、谷口賢志(40)、小林亮太(19)、石田秀範監督らも登壇。映画は「劇場版仮面ライダーアマゾンズ Season1覚醒」が5月5日、「劇場版仮面ライダーアマゾンズ Season2輪廻」が同12日、「仮面ライダーアマゾンズTHE MOVIE最後ノ審判」が同19日に公開される。

最終更新:4/16(月) 18:46
東スポWeb