ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

なんとも迫力ある面構え レクサス、北京モーターショーでの新型車発表を予告

4/16(月) 12:59配信

ねとらぼ

 トヨタ自動車/レクサスは、2018年4月25日に開幕する「北京モーターショー2018」で、レクサスブランドの新型車を発表すると予告しました。

【参考】LEXUS GSのグリルデザイン(現行モデル)

 発表に先だって、新型車のフロントマスク部のみが公開されました。レクサス車を象徴する「スピンドルグリル」を引き続き採用しつつ、従来車種のメッシュ形状とは異なり、縦方向へ流れ、広がっていくように構成したグリルデザインであることを確認できます。

 新型車の車種名やボディータイプなどの具体的な仕様は現時点では明らかにされていませんが、上級セダン「ES」の次期モデルではないかとする予測があります。ESは日本では発売されていないセダン型車種ですが、同じく上位セダン「GS」と統合されるのではないかとの声もあります。日本市場での発売にも期待が掛かります。

 北京モーターショーの開催期間は2018年4月25日から5月4日まで、レクサスは初日の4月25日に行うプレスカンファレンスで新型車の詳細を発表予定です。

最終更新:4/16(月) 12:59
ねとらぼ