ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

日中ハイレベル経済対話始まる 8年ぶり開催

4/16(月) 14:24配信

朝日新聞デジタル

 日本と中国の経済閣僚が経済協力を話し合う「日中ハイレベル経済対話」が16日午前、都内で始まった。開催は約8年ぶり。米中の貿易摩擦が深刻化する中、自由貿易の重要性などを議論する見通し。5月の日中韓首脳会談に合わせた安倍晋三首相と李克強(リーコーチアン)首相との首脳会談に向け、経済的な課題を地ならしする意味合いもある。

【写真】対話に臨む河野太郎外相(中央右)と中国の王毅外相(同左)ら=16日午前9時58分、東京都港区の飯倉公館、代表撮影

 日本側は河野太郎外相のほか、茂木敏充経済再生相、世耕弘成経済産業相らが出席。中国側の出席者は副首相級の国務委員でもある王毅(ワンイー)外相と劉昆財務相、鍾山商務相ら。河野外相は冒頭、「この8年で日中両国を取り巻く世界の経済情勢は大きく変化した。視点を新たに協力と連携のあり方を考えていく必要がある」と指摘。これに対し王氏は「中日経済の協力、交流や一帯一路(シルクロード経済圏構想)協力による経済の一体化について対話したい」と応じた。

朝日新聞社