ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

松戸で「緑と花のフェスティバル」 巣箱作りやスタンプラリーなど /千葉

4/16(月) 17:15配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 21世紀の森と広場(松戸市千駄堀)で4月29日、「緑と花のフェスティバル2018」が開かれる。(松戸経済新聞)

会場入り口のアーチ

 松戸市と松戸みどりと花の基金が主催し、自然に親しみ、緑の恩恵に感謝し、豊かな心を育むことを目的に開催される同イベント。市民、緑化関係団体、行政が一体となり、毎年みどりの月間に同公園「つどいの広場」で開催されている。今年は「みどりと暮らす豊かさを大切にしましょう」をテーマに据える。

 植木、草花、野菜の販売をはじめ、グルメ、自然の材料を使った巣箱作り、こけ玉、ハーブクラフトなどのワークショップのほか、特設ステージでは和太鼓、ダンスなども披露。スマホを使ったスタンプラリーでは、ノベルティが進呈される。

 開催時間は9時30分~15時。雨天決行。問い合わせは同実行委員会(TEL 047-710-2851)まで。

みんなの経済新聞ネットワーク