ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

ナンジャタウンに「一口餃子酒場BLG」 ギョーザとビールの相性を追求 /東京

4/16(月) 17:22配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 池袋の「ナンジャタウン」(豊島区東池袋3)に4月13日、「一口餃子酒場BLG」がオープンした。(池袋経済新聞)

「のり明太マヨ餃子」

 BLGは「Beer Loves Gyoza」の略で、ギョーザとビールの相性の良さを追い求める一口ギョーザ専門店。西新宿の本店に続き2店舗目で、「一口餃子専門店 赤坂ちびすけ」などを展開するSOBO(新宿区)が経営する。

 メニューは、「BLG餃子」(490円)、「のり明太マヨ餃子」「お好み焼き餃子」(以上590円)。大豆で作ったソイミートを使ったメニューも提供。玄米米粉皮を使っているため、小麦粉の皮に比べて吸油率も低くカロリーが20%ほど低くなっているという。ラインアップは「SOYMEAT揚餃子」(490円)、「フリフリSOMEAT餃子」(590円)。

 営業時間は10時~22時。

みんなの経済新聞ネットワーク