ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

【皐月賞】エポカ1冠“父の道”3連単37万円超え波乱呼ぶ!

4/16(月) 6:01配信

スポニチアネックス

 牡馬クラシック第1冠「第78回皐月賞」が15日、中山競馬場で行われ、7番人気エポカドーロが快勝。鞍上の戸崎圭太(37)は、うれしいJRAクラシック初制覇。2着に9番人気サンリヴァル、3着に8番人気ジェネラーレウーノが入り、3連単は37万円超えの大波乱。1番人気に支持されたワグネリアンは直線伸び切れず7着に敗れた。

 ゴールの瞬間、派手なガッツポーズはなかった。殊勲のエポカドーロの馬上で、戸崎は静かに初クラシック制覇の喜びをかみ締めた。逃げたアイトーンを、ジェネラーレウーノとジュンヴァルロが追って後続を大きく離す展開。姿が遠のく3頭を、視界に小さく捉えながら、戸崎エポカは4番手に収まった。残る12頭のライバルを束ねて、実質的な単騎逃げの形。「先生(藤原英師)からは“前に行く馬を見ながら運べれば”と指示。思った通りの展開になった。道中の走りも力強く、コーナーでの手応えも抜群。僕は必死だったけど、馬には余裕があった」。4角手前から満を持して追いだし、直線坂上で先頭に立ったところで勝負あり。2着サンリヴァルに2馬身差。後続を寄せ付けない完勝だった。

 「戸崎と5つくらい展開のパターンを話し合ったが一番ベストの展開になった。相手も強いし、もっと接戦になると思ったが、爽快な勝ち方だったね」。戦略が的中した藤原英師も満足顔だ。母ダイワパッションは全4勝が7F以下のスプリンター。エポカも胴が詰まった短距離タイプの体形だ。「距離がどうかという先入観があって、適性を見極めるのに苦労した」と師は振り返る。

 9Fの初戦は3着も、マイルに縮めた2戦目で鮮やかな逃げ切りV。この時点で予感はあった。「いいスピードを見せたが、一介の逃げ馬という感じでもない。これは中山が合うと思った。そこから皐月一本に狙いを絞った。それだけの能力も感じた」。一方で、父オルフェーヴルへの期待もあった。「父も同じような体形なのに距離をこなした」。エポカはその後、10Fのあすなろ賞を連勝し、スプリングSでも鼻差2着。予感は確信となり、本番での最高の結果へとつながった。「オルフェーヴルは凄いな。さすがは3冠馬」。新種牡馬の底力を称えたが、師の眼力も確かだった。

 次はもちろんダービー。師は「体形からあと400メートル延びる点については“ひと工夫”が必要」と冷静に分析する。エイシンフラッシュで10年ダービーを制しているが「あの馬は最初から東京向きと分かっていた。でもエポカは中山向きで、今回が最大目標でやってきた。ここからどう軌道修正するか…」。ひと呼吸置いて、師はこう締めくくった。「ポテンシャルがあるのは分かったからな。やりがいがあるよ」。不敵な笑みを浮かべた名トレーナーが、2冠へどんな手を打つのか。興味は尽きない。

 ◆エポカドーロ 父オルフェーヴル 母ダイワパッション(母の父フォーティナイナー)牡3歳 栗東・藤原英厩舎所属 馬主・ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン 生産者・北海道新ひだか町田上徹氏 戦績5戦3勝 総獲得賞金1億7421万2000円。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ