ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

社長殺害、韓国籍男が無罪主張=裁判員で審理最長―神戸地裁支部

4/16(月) 16:23配信

時事通信

 元広告会社社長ら3人に対する殺人などの罪に問われた韓国籍の陳春根被告(47)の裁判員裁判の初公判が16日、神戸地裁姫路支部(木山暢郎裁判長)であった。

 裁判員裁判の対象7事件について、同被告は罪状認否で「全ての事件について私は無罪です」と述べた。

 判決は11月8日の予定。初公判から判決までの審理期間は207日間で過去最長の見通し。

 検察側は冒頭陳述で、陳被告が配下に指示して事件を実行させたと指摘。父親が被害を受けた事件への報復や融資金の回収トラブルなどから3人の命を奪ったと述べた。弁護側は、監禁や殺害を指示したことはなく、仮にそうした事件があったとしてもその場にいなかったと反論した。

 起訴状などによると、陳被告は共謀し、2010~11年、元広告会社社長や作業員の男性を殺害し、無職男性も監禁の末に死亡させたなどとされる。 

最終更新:4/16(月) 17:37
時事通信