ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

比嘉、具志堅両氏が栄誉賞辞退=表彰式取りやめ―沖縄県

4/16(月) 16:46配信

時事通信

 沖縄県は16日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王座を剥奪された比嘉大吾選手(白井・具志堅スポーツ)と所属ジム会長で元世界王者の具志堅用高氏から県民栄誉賞を辞退したいとの申し出があり、17日に予定していた表彰式を中止すると発表した。2人は沖縄県出身。県は授与の方針は変えておらず、今後の対応について両氏と協議したいという。

 比嘉選手は計量で体重超過となり、15日の防衛戦は失格となって王座を剥奪されていた。翁長雄志知事は「二人の気持ちにも配慮し、表彰式は行わない」とのコメントを発表。「比嘉選手はまだ若い。さらに精進し、これまで以上に活躍することを期待する」とエールを送った。 

最終更新:4/16(月) 20:20
時事通信