ここから本文です

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

今後考えてない…具志堅会長に聞く

4/16(月) 7:04配信

スポーツ報知

◆報知新聞社後援プロボクシング・ダブル世界戦 ▽WBC世界フライ級タイトルマッチ ○クリストファー・ロサレス(9回 TKO)比嘉大吾●(4月15日、神奈川・横浜アリーナ)

【写真】ロサレスのパンチを浴びる比嘉

 ◆具志堅会長に聞く

 ―試合を止める判断はいつ。

 「8回終了で、2回目の採点(0―2)を聞いて…」

 ―普段と比べ動きもパンチの力の乗りも悪かった。

 「やはり短期間、(前の試合から)2か月ちょっとで試合させた私の責任。期間が短かった。(体重を)落とすのには、もっと余裕が欲しかったね。大丈夫だということで、リングに上げた。本人は本当に倒しにいっていた」

 ―14日の計量後は。

 「かなりショックを受けていたが、食事をとらせたら徐々に元気が戻ってきた」

 ―比嘉の顔が真っ赤だったのは。

 「少しテンションを上げてウォーミングアップした」

 ―比嘉には何と声を。

 「心配するな、よくやった、と。今後? 全く考えていない」

今後考えていない

最終更新:4/16(月) 7:32
スポーツ報知